三日坊主はカミングダイエットに切り替えよう

お通じはお薬で対処出来る

ウエスト

おすすめの対処方法

便秘になるとお腹が張って気分が悪くなったり、体がだるいといった症状が見られます。便秘の対処方法としては食生活の改善が一番好ましいです。食物繊維を多く含んだ野菜を摂ったり、ヨーグルトやチーズ、納豆などの発酵食品を摂取して腸内環境を整えることでお通じが良くなると言われています。便秘を解消すれば、体が軽くなりダイエット効果もあります。しかし、食生活を改善しても便秘が解消されないという人も多くいます。食生活で改善しない場合は便秘薬を利用すればすぐに効果が表れることもあります。便秘薬は即効性があるため、食生活でも改善しない場合の最終手段としておすすめの対処方法です。便秘薬はいろんな種類があり、それぞれが特徴を持っているため、よく理解して適切なお薬を選ぶことが大切です。湿潤性下剤は便を柔らかくしてお通じをしやすくする効果があります。お腹が痛くなるような副作用が少ないというメリットがあります。浣腸は直腸に直接お薬を注入します。腸を刺激して服用後、短時間で排便が期待出来ます。浣腸は他の便秘薬と比べても、高い効果が期待出来ます。刺激性下剤は大腸を刺激して便を出しやすくするもので、正しい量を服用すれば腹痛になりにくい、下痢も起こしにくいといったメリットがあり、子どもにも使いやすいという特徴があります。乳酸菌製剤はビフィズス菌などが腸内を整え、善玉菌優位の環境を作ります。腸の調子を整えることで排便をしやすくする効果があります。